良質な睡眠は美容に影響します

睡眠をとることは美容にも良いということは知られていますが、大切なことは良質な睡眠をとることです。
肌は寝ている間にターンオーバーが起こっており、そのターンオーバーによって肌な生まれ変わっています。

肌の奥に生まれた細胞は、徐々に上に押し上げられてき、4週間程度で皮膚の上まできて役割が終わると剥がれて落ちますが、このサイクルが肌の新陳代謝であるターンオーバーです。

アラプラスで血糖値ダウン情報が手に入ります。

このターンオーバーには成長ホルモンが大きく影響しており、成長ホルモンが分泌されることが肌のターンオーバーには必要なことなのです。



成長ホルモンは寝ている間に分泌されます。
良質な睡眠をとっていないとホルモンバランスが崩れてしまい、成長ホルモンの分泌量が減り、肌のターンオーバーが遅れてしまいメラニンが蓄積しやすくなりシミなど美容に悪影響を与えることに繋がります。



成長ホルモンは寝ている間に出続けているものではありません。
寝ている間は深い眠りと浅い眠りが繰り返されますが、成長ホルモンは寝てから約3時間の深い眠りの時に多く分泌されるのです。

そのため眠りのリズムにあった深い眠りが美容に良い睡眠となります。

夜の10時から翌2時までは肌のターンオーバーが活発になる時間帯と言われていますが、仕事などで忙しい毎日を送っていると夜10時に寝ることは難しい場合が殆どです。
そんな場合には寝始めて3時間に深い眠りになるような生活を送ることが美容にも良い方法です。

寝て3時間で深い眠りにつくには、寝る前にカフェインなど眠りを妨げるものは飲まず牛乳など寝付きが良いものを摂ったり、部屋の明るさを抑えたり、自分が心地よいと思う音楽やアロマなどを香りでリラックスするなどが効果的です。